セルフケアで肌のくすみ対策|有効成分が多く含まれた化粧品

悩んでいる人が多い症状

鏡を見る女性

敏感肌は、乾燥で肌の免疫が低下してしまう症状です。花粉や埃などの外部の刺激を受けやすく、痒みや赤みなどの症状が起きます。放置しておくと、とても不快な感じになります。この敏感肌のケアとしておすすめなのが、ホホバオイルです。というのも、これにはワックスエステルという外部の刺激から守る成分が豊富だからです。また、保湿効果も高く、乾燥や肌荒れを防止する効果も有ります。その他にも、ビタミンが豊富に含まれており、肌の代謝を促して若返らせてくれます。このホホバオイルが優れているところは、肌への浸透性が高いことです。これが化粧水の場合、肌の皮脂バリアでなかなか有効成分が浸透しないです。しかし、オイルならば、皮脂バリアを通過し易く確実に栄養が届きます。

ホホバオイルは、保湿性が高くて、敏感肌解消に効果が高いと評判です。しかし、きちんと正しくケアをしないと効果が得られないです。そこで、ここでは最も敏感肌治療に有効なスキンケア方法を説明します。まずは、洗顔後すぐに、ホホバオイルを手のひらに乗せて温めて塗布していくことです。すぐに塗布しないと、肌が乾燥して吸収されにくくなるからです。そして、必ず清潔な手で塗布する事がポイントです。肌に塗布していくたびに、オイルのベタつきがなくなっていきます。その後、保湿効果の高い化粧水でケアすれば、肌のしっとり感がアップします。それと、ホホバオイルは開封後、数ヶ月が賞味期限となります。なので、最初からケチらずに、大量のオイルでケアしたほうが良いです。